本当に太ってる?

 

●本当に太っているのかチェックしてみよう

 

全然太っていないにも関わらず、「自分は太っている」と考えている人は潜在的な摂食障害予備軍といえるでしょう。

 

なぜなら、摂食障害の方は痩せているにも関わらず自分は太っていると考えてブレーキが利かなくなる場合がほとんどだからです。

 

気になるようなら、BMIを計算してご自分の肥痩度がどのくらいかを知ることをおすすめします。

 

 

BMIとは、ボディ・マス・インデックスの略で、体重と身長から肥満度を示す体格指数です。

 

BMIの計算方法は世界共通です。

 

しかし、肥満の判定基準は国によって異なります。

 

日本肥満学会では

 

 

●BMI22を標準体重

 

●BMI25以上は肥満

 

●BMI18.5未満は低体重

 

 

としています。

 

 

 

●BMIの計算方法

 

 

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI

 

 

例えば、身長160cm、体重50kgの人のBMIは、50÷(1.6mx1.6m)=19.5となります

 

このヶ−スの場合、標準範囲内で、しかも低体重直前なのでダイエットは必要ないということになりますね。

 

 

BMIが22以下の方は極端なダイエットを控えましょう。

 

痩せようと意気込まなくても、前日食べすぎたら翌日少し控えめにするなどの調整で十分です。

 

足が太いとか、ポッコリお腹が気になるなど、それぞれダイエットをしたいと思う理由はあると思います。

 

しかし、体重に問題があるわけではないので、引き締める運動をするなどの努力をして安易な食事制限をするのはやめましょう。

 

 

BMIが18.5未満の方は痩せすぎです。

 

もっと痩せようと思って食事制限している方は、ダイエットの必要はないばかりか拒食症になる可能性があります。

 

健康のために食事制限は中止しましょう。

 

 

BMIが18.5〜25未満の方は標準範囲です。

 

今の体重を維持するよう心がければ十分です。

 

運動不足の方は適度な運動をするようにすると良いでしょう。

 

25以上の方は肥満です。

 

肥満はさまざまなな生活習慣病を引き起こす健康の大敵です。

 

正しい食生活と運動習慣を身につけるようにしましよう。