ダイエットの楽しみ方

 

多くのダイエッターにとって、ダイエットは「食欲との戦い」であり、我慢をしいられるツラいものでしょう。

 

ですが、「ツラい」「我慢」「苦しい」などのネガティブなことを考えると、脳はその物事を達成させること自体を拒否します。

 

とはいえ、ダイエットはツラものとインプットされてしまっているのに、「ダイエットは楽しいものだと思うようにしましょう」と言われても無理がありますよね。

 

「幽霊は怖いもの」とインプットされているのに、今から「幽霊はありがたいものだと思いましょう!」と言われても無理なのと同じことです。

 

 

そこでオススメなのが、「ダイエット」というワードを捨ててしまうことです。

 

「ダイエットをする」と考えるのではなく、「なりたいスタイルになる」と考えるのです。

 

人それぞれ、ダイエットをしたい理由があると思います。

 

 

●ずっと美しい休を手に入れる

 

●生健康な体を手に入れる

 

●素敵でスマートな年齢の重ね方をする

 

●好きな洋服をかっこよく着こなすオシヤレな人になる

 

 

理由はなんでも構いません。

 

とにかく「ダイエット」というワードは抜きにして、素敵な自分になる想像を頭の中で繰り返すのです。

 

そうすることで、ダイエットというワードに対する拒否反応が徐々に消えていきます。

 

そしてそれは、ダイエット成功への近道になるのです。

 

 

「どうせ私には…」という思考があるなら、そんなものはいますぐ捨てましょう。

 

実際、ダイエットの失敗を繰り返している人や、摂食障害になった人の多くはネガティブ思考です。

 

 

「どうせ私には痩せられない・・・」

 

「どうせ私はリバウンドする」

 

「どうせ私なんて目標達成できるはずがない」

 

 

何度も失敗を繰り返していれば、このように自分を肯定できなくなるのも無理はありません。

 

しかし、そんな時だからこそ、自分を否定するのではなく認めてあげることがダイエット成功への大きなポイントなのです。

 

 

「どうせ私には…」と考えてしまう傾向にある人は、最初からダイエットの目標を高く設定し過ぎている可能性があるでしょう。

 

食べてはいけないNGフードが多かったり、やってはいけない習慣や、逆に毎日ダイエットのために運動しなければならない…など、制限が多くありませんか?

 

最初から制限を多く決めて自分に厳しくしすぎると、少し誘惑に負けた程度でも「どうせ私なんて…」という考えになってしまうのです。

 

 

そういった場合は、逆に毎日の制限を多くするのではなく、逆に制限を低く設定してください。

 

「今日は○○が出来た!」「○○も我慢できた!」と、自分で自分を褒めてあげる機会を増やすのです。

 

 

人生においてなにが成功であるか、なにを喜んで良いかは自分で自由に決めるもの。

 

自分でハードルを上げることもできるし、下げることもできるのです。

 

 

自分自身で成功体験を増やしてあげれば、「どうせ私なんて…」の思考から「私ならできる!」の思考へと変化するでしょう。

 

この思考へと変化させられれば、もし万が一あなたが我慢できなかったことがあっても、「どうせ私なんて…」ではなく、「今日はダメだったけど、明日からはきっとできるはず!」というポジティブな考え方ができるようになります。

 

 

なぜなら、考え方というのは単なる癖だからです。

 

最初からポジティブな考えに切り替えるのは難しいとは思います。

 

徐々にで構いませんので、切り替えられるようにしていきましょう。

 

 

自分ならできる!という思考に切り替えることは、自分以外にはできません。

 

さあ、自分を褒めて褒めて褒めまくってください!

 

自分を認めてながら、楽しくダイエットをしてよいのです。

 

 

ダイエットはノウ(ウも大事です。

 

ですが、結局は自分との精神的な戦いなんですよね。

 

「どうせ私なんて…」とネガティブ思考になっているときは、自分との戦いに負けてしまっている証拠です。

 

逆に、ポジティブ思考はダイエット成功への大きな鍵になります。

 

是非、次から次から湧いてくるネガティブ思考をモグラたたきのように叩いて撲滅しましょう。

 

弱い自分に打ち勝ってください!