本当に太ってる?

 

私のここで言う「摂食障害」とは、若い女性に多く見られて「単なるダイエッ」トとして始めた食事制限や運動が明らかに誰の目から見ても行き過ぎている状態を指します。

 

具体的にどういう事かというと、

 

●常に体重や食べ物のことばかりを考えていて、勉強や仕事や他の活動に集中できない状態。

 

●外見的には痩せすぎている

 

これが摂食障害の拒食症です。

 

 

その反動で、今度はどれだけ食べても満足できずに、食欲のコントロールが効かなくなる状態。

 

これが過食症です。

 

そして、食べすぎてしまった自分を責めて、「これでは太ってしまう!」という恐怖感に耐えきれずに吐く(嘔吐する)ことが過食嘔吐です。

 

 

過食嘔吐をする人は、外見的には、吐いているので太ってはいません。

 

パッと見た感じでは、拒食症者は分かりやすいですが、過食嘔吐の人は健康な人と見分けがつかないのです。

 

その上うな理由で、過食嘔吐が習慣化してしまうと、とても治りにくくなります。

 

ただし、過食症者は、自分が病気であるという自覚があります。

 

なぜならば、自分の異常な食行動に気が付いているからです。

 

 

その点、拒食症者は、自分の意志で食事をコントロール出来ていると思っています。

 

偽りの達成感に酔っているような状態なので、自分が病気であるという自覚は過食症者に比べると圧倒的に希薄です。

摂食障害から回復するって?

 

●摂食障害から回復するという事は、どういうこと?

 

最初に言っておきますが、摂食障害から回復するための「マニュアル」は残念ながらありません。

 

なぜならば、摂食障害の本質は「心」の病だからです。

 

人の心は物質ではないのですから、化学反応式のように、こうすればこうなるといった方程式を作ることが出来ないからです。

 

私は可愛がっていたペットを亡くしたことで過食嘔吐が止まりました。

 

「あの子が心配して天国にいけなかったら大変だからきちんと生きよう」と思ったのがきっかけです。

 

しかし、それは私の回復のプロセスであって、誰にでも当てはまるのもではないと思っています。

 

 

摂食障害の回復に、早いから良くて遅いから悪いという事はありません。

 

回復の道のりは、治療者の力を借りてでも自分の足で歩むことに意味があるからです。

 

 

あなたには、あなたに合った回復のプロセスが必ずあります。

 

冷たく聞こえるかもしれませんが、これは真実です。

 

摂食障害は、頭で考えて想いを変えれば治る人もいれば、そうでない人もいます。

 

あなたではない他の誰か、例えば、親や治療者に治してもらうことで治ることもあれば、治らないひともいるのです。

 

 

摂食障害、拒食症、過食症、過食嘔吐は、あなた自身があなたの意思で選択して決断し、行動することでしか治ってはいかない病気です。

 

ですから、自分で考え、自分で選択して行動に移して、あなたは、あなたの回復のプロセスを歩んで行ってください。

 

このサイトが、あなたのための一つのきっかけになれば幸いです。