体のゆがみを直すと痩せる?

 

体の歪み、特に骨盤周辺の歪みを直すことでダイエット効果を謳う「骨盤矯正ダイエット」。

 

昔から名を変え、形を変えながら数多く存在するダイエット法です。

 

 

以前、友人からこんな相談を受けたことがあります。

 

「下半身太りを解消したくて骨盤矯正に2か月通ってすでに20万円以上払っているんだけど、体型も体重も全く変わらないんだよね。整骨院からは、効果には個人差があり、あと一か月続ければ必ず効果が出ると言われてるんだけど…」

 

 

というものでした。

 

私はそれを聞いて、歪みを直して痩せるか否か以前にその整骨院の良識を疑いました。

 

もし、最初の1〜2か月では効果が出ないことがあるとしたら、入会時にそれをお客様に口頭か書面で伝えて了解を得ておくべきですよね。

 

すでに大金を支払っていた友人はひくにひけず、整骨院に言われるままに通い続けて大金を取られていました。

 

効果のほどは、言われてみれば姿勢が良くなったような気もするけれど、下半身太りが解消したかどうかと聞かれると返事に困る感じです(笑)

 

 

実際のところ、歪みを直す整体型ダイエットで体重や体脂肪が減るかと言えば、答えはNOです。

 

骨盤を含めた骨格の歪みと、体重あるいは体脂肪の増減には直接的な関係はありません。

 

これまでも述べてきたとおり、体脂肪が増える最大の原因はまず食べ過ぎと運動不足。

 

そして、食べ過ぎの背景にはストレスがあります。

 

ですから、痩せるためには食べ過ぎと運動不足を改善し、それとともにストレスを解消することが不可欠です。

 

「私が太ったのは食べ過ぎたからじゃない、骨盤が歪んでいるからだ」と責任転嫁すれば、気持ちは楽かもしれません。

 

しかし、原因を直視しない的外れな対策をいくら行っても問題は一向に解決できません。

 

 

歪みを放置していいとと言っているわけではありません。

 

体が前後左右に傾いた悪い姿勢は改善したほうが良いに決まっています。

 

極端な悪い姿勢は、立ったり歩いたりという日常の動作で、腰や股関節、ひざなどに負担をかけて痛みや炎症を起こすからです。

 

その意味で、いわゆる歪みを修正することによって痛みから解放され、日常での運動量が増えた結果ある程度体脂肪が減る、ということは言えるかもしれませんね。

 

 

また、過度に骨盤が後傾している人はお尻のトップが下がって見えるので、骨盤を前傾させることで、お尻の形をキレイに見せることはできるでしょう。

 

背中が丸まった猫背を直せば、バストのボリュームが上がったように演出し、形もキレイに見せることができます。

 

しかし、「骨盤の歪みが体内にすき間をつくってそこに脂肪がついてしまう」とか、「骨盤が開くとヒップが大きくなる」といった、生理学、医学的にありえない話を信じさせ、高額な施術費用をとって、結局悩みを解決しないのは大問題です。

 

騙された人達は、「効果には個人差があります」などと言う曖昧な対応にごまかされず、返金を求めたほうが良いでしょう。

 

治せない歪みもある

 

そもそも、いわゆる歪みには修正すべきものとそうでないものがあります。

 

私たちの骨は、生まれつき左右で長さや大きさが多少違うものです。

 

試しに、手や足指の長さを比べてみてください。

 

全く同じではないはずです。

 

そのような左右差を埋めるための一種の機能として獲得している歪み(=姿勢のアンバランス)もあるのです。

 

 

ですから、左右対称に腕や脚を使うマラソン選手でも、首が左右に傾いていたり、左右の肩の高さが違っているなど、左右バランスが崩れている人はたくさんいます。

 

こういった方々は、左右のバランスを整えてしまうと、かえって走り方がおかしくなってパフォーマンスが下がるだけでなく、傷害を起こしやすくなる場合もあります。

 

健康上、疲労や痛みを引き起こすような悪い姿勢は改善すべきですが、それと体脂肪を減らすこととはまた別の話。

 

魔法のような言葉に乗って、大金を失わないようにご注意ください。