過食は怖くない

 

●過食は「ダメージを修復している」という捉え方

 

 

過食をやめたいと本気で悩んでいるなら、食事制限をするダイエットは中止しましょう。

 

食事制限をすると栄養不足になり、自動的に食欲中枢が活性化して過食してしまいます。

 

自動的に過食、なんて恐ろしい話ですがこれは大げさではありません。

 

恐ろしいことに、過食したい!という衝動は本能的なものなので理性でやめようとしてもやめられないのです。

 

そして、過食をリセットしようとして嘔吐してしまうことなどの無茶なリセット法を覚えてしまいます。

 

 

嘔吐や下剤の乱用などをし、苦しい思いをして後悔する・。。。

 

すると人は反省します。

 

こんなダイエットは止めよう!と反省し、ちゃんと食事制限をしよう!と決意して食事制限を強化するのです。

 

こうしてあっという間に、食事制限⇒過食⇒嘔吐⇒後悔⇒食事制限」という「魔のループ」に陥ります。

 

 

これを治すためには、食事制限はやめて正常な食習慣に戻すことしかありません。

 

中には、ダイエット(食事制限)をしながら拒食症を治したいという人がいます。

 

しかし、食事制限が原因で摂食障害になったわけですからこれは無理な注文です。

 

過食は心の問題

 

過食や嘔吐は心の問題です。

 

心の問題なのですから、心の持ち方ひとつで過食や嘔吐を改善することができます。

 

心の持ち方でもっと楽にもなれるはずです。

 

例えば、普通に風邪をひいたところで、風邪に対して恐怖や不安を持つ人は少ないでしょう。(乳幼児や高齢者は別ですが)

 

それは風邪は治るものだと知っているからですよね。

 

しかし、過食症の人は過食症に対する恐怖や不安を持ちます。

 

それは、過食症に対する知識が十分ではないことが原因といえるでしょう。

 

 

 

過食症の知識があれば、恐怖を感じる必要はなくなります。

 

過食は摂食障害や食事制限によるダメージを修復していることなので、不安や恐怖を感じる必要はありません。

 

そこで、過食は拒食症のダメージ修復機能という捉え方をおすすめします。

 

そう提案されても違和感を覚えるかもしれませんが、まあ聞いてください。

 

何度か書いていますが、私たちは食欲はコントロールできるものと考えがちですがそれは誤り。

 

食欲は人間に備わった本能的な機能なので、食欲は理性でコントロールできなくて当然なのです。

 

つまりは、過食は心と体の防衛本能といえるでしょう。

 

食事制限でボロボロになった体を元に戻すためには、食べなければならないのです。

 

 

体が過食を求めているのです。

 

 

また、食事制限は「食べたいという本能」と「食べたら太る!という理性」の戦いでもあります。

 

食事制限をすると、本能と理性との間の摩擦でフラストレーションが溜まります。

 

これがストレスとなり,逆に過食してストレスを発散してしまうのです。

 

ストレス発散には甘いものをヤケ食い!なんてよく言いますが、実際、食べることは一番身近なストレス発散法です。

 

そう考えたら、過食したら食事制限によるダメージを修復しているのだと考えても不自然ではないと思いませんか?

 

食事制限でボロボロになった心と体が癒されれば過食は収まるでしょう。

 

ちょっと想像してみてください。

 

いくらか、気持ちが楽になるはずです。

 

 

以前も書きましたが、過食症などの摂食障害は厚生労働省の“難病”に指定されています。

 

うつ病ですら難病には指定されていないのですから、摂食障害が簡単な病気ではないことをよく覚えておいてください。

 

摂食障害になった自分をさらに責める、なんてことは悪化を招くだけですのでくれぐれもご注意を。